助産師の基本的な勤務体系と雇用形態

看護師と比較されることが多い助産師ですが、その勤務形態となると意外に知られていません。 看護師は病院などの医療機関で入院患者様や外来患者様の身近な存在になります。 一方の助産師は妊産婦様だけを対象に業務をしますので一般的な患者様と接する機会が少ないこともその理由だと思います。

ここでは、助産師の基本的な勤務体系と雇用形態についてご説明いたします。

どの職場や施設で勤務するかによっても違いはありますが、共通していることは「出産はいつ始まるかわからないこと」です。 そのため24時間対応になり夜勤は必須になります。

規模が小さい産院では助産師資格を持っている院長が深夜の出産に対応することが多いです。 産婦人科では助産師も24時間体制で勤務するのが一般的になっています。 看護師と同様に勤務体系も当直を含めた交代シフト制を敷いているケースがほとんどです。

助産師への就職や転職を目指しているならば、こういった点も考慮にいれて就職活動をしましょう。 夜勤のみならず休日出勤も発生することは十分に想定されます。 患者様と深い繋がりを求められるのは看護師と全く同じで、ある意味では看護師以上に強力な信頼関係・絆を構築する必要があるでしょう。

現代社会は少子化の時代ですから、初産の女性が恐怖や不安を覚えるシーンも多いです。 周囲に頼りになる人がいない場合は、助産師のアドバイスやサポートはとても重要な役割になります。 相談を受けたり分娩前の準備や出産後のメンタルケアなどもおこないます。

そして、助産師の勤務体系と同時に雇用形態にも注目しておきましょう。 常勤が基本ですが、それ以外にパートタイムやアルバイトの求人もあり夜勤のサポートとして募集されます。 場合によっては夜勤専従で雇用されるケースもあります。

助産師不足の一因として考えられているのは家庭の事情があって仕事ができないことです。 助産師不足を解消するという視点でも時間の融通がきくアルバイトやパートの雇用形態は便利でしょう。 このように見ていくと助産師の勤務体系は看護師とほぼ同じですが、忙しさのレベルで比較すると看護師の方が大変だとは思います。

このページの先頭へ