助産師の役割はとても広い範囲に渡っています

助産師の役割の代表的なものは「分娩介助」と「新生児ケア」で、女性の妊娠・出産に関連する指導やケアをしながら女性に寄り添って相談しながら支えてゆくことです。

ここでは、助産師の役割がとても広範囲になっていることをご紹介しましょう。 妊娠時期には定期的に妊婦の診断を実施します。 妊婦と胎児の健康状態を確認して、もしも異常があれば提携している医師や病院の協力を依頼します。

助産師の大切な役割として妊産婦に対するメンタルケアや指導もしなければなりません。 「出産の不安を取り除くこと」「母になる喜びを伝えること」「母親になるための準備をすること」などの心のケアは特に大切になります。 現代社会は核家族化になっており妊産婦にとって心強い支えになるでしょう。

また母親だけでなく父親への育児指導も欠かせませんので妊娠期間中の母親学級での指導も大切な役割です。 妊産婦にとどまらず女性の健康的な社会生活実現に向けて助産師としての目線から必要な指導も期待されています。 外来のレディースクリニックや地域の保健センターに所属して勤務している助産師は指導カウンセリングも担当します。

産前教育・家族計画・女性の体に役立つ健康指導をはじめ、必要ならば婦人科の範囲まで踏み込んだ指導をします。 妊産婦だけでなく女性の出産・健康・悩みと真っ正面から取り組むのが助産師としての役割になります。 数多くの症例や案件を取り扱うことによって社会制度の改善点が見えてきます。

妊産婦に対しては社会保障制度についての指導も実施し、同時に「社会保障制度の改善点を自治体に提言する」というマクロな視野をもった役割もあります。 「生きた女性の声」や「現場の本音」を社会制度に反映させる活動は大切です。 助産師という立場で現状の女性の健康に向かいつつ、よりよい環境の中で女性が暮らせる社会を目指します。

以上、助産師の役割がとても広範囲になっていることをご紹介しました。 助産師が地域の学校で青少年の性教育指導を実施するケースも見られます。 各学校の養護教諭・自治体・保健センターの担当者と連携し学校での性教育指導に当たることもあります。

このページの先頭へ