助産師不足の問題点とその解決方法

日本では少子化問題が解決の兆しも見えず「産科医療に従事している人たちのニーズが減少するのではないか」という懸念があります。 しかしながら、少子化対策も含め将来の産科医療対策を進化を考慮すると「助産師の人数は需要に対して不足している」と厚生労働省は発表しています。

ここでは、助産師不足の問題点とその解決方法をご説明しましょう。

助産師の仕事は分娩介助が注目されがちですが、それ以外にも「女性の健康維持や健康的な社会生活を送るための指導やサポート」も大切な仕事なのです。 想像以上に広範囲にわたって女性をサポートする役割があります。 「女性の社会進出」「医療の進化やライフスタイルへのサポートや提言やアドバイス」をしなければなりませんから、現在の助産師の人数では到底足りません。

日本では助産師不足を解消するために、いろいろな対策がとられています。

(1)助産師教育機関の充実
(2)採用を受け入れる側の医療機関の体制作りの確立
(3)助産師復職対策

……などの対策が中心です。
実際のところ助産師養成をする教育機関は少ないです。

助産師教育は看護師教育の後、さらに難易度の高い教育内容ですから狭き門になっています。 助産師の品質の維持しながら人数を増やすことが何よりも大切ですので一挙に増やすのも難しさがあります。 だから3番目の助産師の復職支援が「助産師数をより早く増やす方法として有効だ」と考えられています。

現在は助産師復職支援対策を活発にするという動きが高まりつつあります。 以前は助産師で仕事をしていた人の半分以上は出産・育児などの家庭事情で離職を余儀なくされました。 けれども助産師資格は一度離職しても効力を失することがない職業です。

家庭の事情が落ち着いて仕事ができる時間ができれば復職することができると考えられます。 そこに注目した企業が助産師転職サービスを展開して復職支援対策を実施しています。

以上、助産師不足の問題点とその解決方法をご説明いたしました。 昼夜を問わない24時間対応しなければならない分娩介助もあるし平日だけの日勤勤務の仕事もあるのです。 無料で利用できる転職サイトを利用して自分に応じた働き方を探してみてはどうでしょうか?

このページの先頭へ